Andrew Young

中津哲夫
Tetsuo Nakatsu, Ph.D.

ジャパンデスク・マネージャー

所属地:
ニューヨーク州スカースデール
Scarsdale, New York

電話:
866.201.2030
Ext: 154
ファックス:
914.723.4301
電子メール:
tNakatsu@NLS.law


 
PDFで見る

NLS特許部門のマネージングパートナー、ヤング弁護士の下で事務所の日本案件をマネージングしています。日本のクライエントとのコミュニケーションを助け、技術的調整と翻訳などを担当しています。 日英語に通じており、これまでの仕事関係から米国特許と商標分野での経験を重ね、弁護士と毎年日本を訪問し、クライエントとの打ち合わせを行っています 知的財産の多様な側面に関して、弁護士による最新のトピックについてのプレゼンテーションを日本企業に行うための補助をしています。

東北大学から学位(有機化学専攻)を得て、日本のバイオベンチャーに勤務後、高砂香料工業株式会社(Takasago International Corporation)長年勤務し、海洋天然物、医薬品、微生物製剤、香料化合物、化粧品素材など世界の多くの地域で知られるのいろいろな生理活性物資の研究・開発に従事していいました。 研究は、特に最新の分析機器や分離技術を応用して、構造決定から基礎化学物質に及んでいます。 高砂香料工業では、グローバル企業のリアルタイム通信を可能にする当時新しかったインタネット用いたコミュニケーションシステムの構築に関わりました。 多くの技術分野の馴染んだことが特許を理解し、技術翻訳などに役立っています。

学歴

東北大学
理学博士:天然物有機化学専攻
博士研究員
カリフォルニア大学スクリップス海洋研究所
カリフォルニア大学バークレー校 (植物天然物化学)

会員
アメリカ化学会

出版

20以上、学術論文を発表し、米国と日本で25以上の特許を出願して、ビジネスを支える商標もいくつか出願しています。
ニューヨークで発行されている週刊新聞「ビジネスウィーク」に記事連載を行っていました。

法律実務分野

クライエント規模の大小にかわらず、ノルテ・ラッケンバックシーゲル知的財産権法グループは、クライエントのニーズと重要度に合わせて個別に仕立てた、最も付加価値の高い、費用対効果の高い誠実に対応するサービスを提供するべく最大限の努力を致します。

特許

全ての主要な技術分野の特許業務全般を提供します。世界中の特許事務所との連携関係を構築しており、国際的特許に必要な全てについてお力、お役に立つことができます。​

商標

全米10指に入る出願事務所として、商標部門は、米国内外の両方における商標調査、出願、審査手続き、維持などを取り扱つかっています。​

IP商業化

クライエントが価値のある知的財産を創造し、取得し、保護がなされれば、直ちに、IP成功に向け該当IPを商業化の道筋に沿ってあらゆる段階における支援を行っています。

広告・宣伝と販促

ベストの実施実務手続きと同様、適用法、規則、指針に合わせてクライエントが準拠していることを確証するための支援を、係争の解決に助言・忠告する視点から行っています。

訴訟

侵害問題について、裁判所の内外の両方において、成功裏にクライエントを代理を行っています。訴訟部門は、知的財産に関連する全ての分野に渡って訴訟を扱った経験を有しています。​

著作権

登録権利の作成・出願から執行まで、著作権部門は、第三者の侵害の回避、許可・ライセンシング・著作権取得問題などを専門的に扱っています。​​​